JavaScriptのmap関数の使い方

JavaScriptArray.prototype.mapは、配列の全ての要素に対して処理をしていき、その結果を新たな配列に返す関数。

var root = [1,4,9];
var array = root.map(Math.sqrt);
console.log(root);  // [1, 4, 9]
console.log(array); // [1, 2, 3]

また、自分でmap関数内の処理を書くこともできる。

var root = [1,4,9];
var array = root.map(function(row){ return row * 2;});
console.log(root);  // [1, 4, 9]
console.log(array);  // [2, 8, 18]

参考記事:Array.prototype.map() | MDN

ReratedPosts

Nuxt.jsでnpm run devをした時に「SyntaxError: Invalid regular expression flags」というエラーが出た時の対処法
JavaScriptのクロージャについて理解したのでまとめ
素のJavaScriptでappend,prepend,after,beforeが実装されていたので紹介する
オセロをMinMax法を導入する方法(JavaScript編)
JavaScriptのsetTimeOut関数には戻り値があるよって言う話
JavaScriptで配列の要素やハッシュ(連想配列)のバリューを変数に変換する方法