CentOS7にphpbrewとphpを入れてPHPの開発環境を構築する方法

phpの環境開発を構築するために、バージョン管理をしてくれるphpbrewを先に入れて、その後phpを入れることに成功したので備忘録としてまとめていきます。

参考記事:phpbrew/phpbrew: Brew & manage PHP versions in pure PHP at HOME

ボクの開発環境

1、phpbrewをCentOSに入れる。

phpbrewをCentOSに導入するために、まずは依存関係のあるパッケージをインストールしておく。

公式ページ「Requirement · phpbrew/phpbrew Wiki」に書かれている通りに、CentOSの環境に必要なパッケージを入れていく。

まずは、以下の3つのyumコマンドを実行する。

yum install make automake gcc gcc-c++ kernel-devel
yum install php php-devel php-pear bzip2-devel yum-utils bison re2c libmcrypt-devel libpqxx-devel libxslt-devel pcre-devel libcurl-devel libgsasl-devel openldap-devel
yum-builddep php

途中に「本当にインストトールしますか?」みたいな事も聞かれるが、全てyと入力すればよい。(-yのオプションを入れても良い)

その後、以下のコマンドも実行。

yum install httpd-devel

そして以下のコマンドも実行する。

# CentOS/RHEL 7.x:
sudo rpm -Uvh https://mirror.webtatic.com/yum/el7/webtatic-release.rpm
# CentOS/RHEL 6.x:
sudo rpm -Uvh https://mirror.webtatic.com/yum/el6/latest.rpm
# If you don't have php(phpを持っていない場合)
sudo yum install --enablerepo=webtatic php php-xml
wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm
sudo rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm
sudo yum install --enablerepo=rpmforge re2c libmhash

今回、僕はCentOSのバージョンが7.5でかつ、phpをまだインストールしていなかったので、最初のコマンドだけを実行した。

自分のCentOSphpのパッケージを持っているかどうかは、yum list | grep php等で調べられる。

2、phpをインストールする

phpbrewの依存パッケージのインストールが終われば、phpbrew本体のインストールを行う。

と言っても、これも公式ページ「phpbrew/phpbrew: Brew & manage PHP versions in pure PHP at HOME」を参考に行えば良い。

curl -L -O https://github.com/phpbrew/phpbrew/raw/master/phpbrew
chmod +x phpbrew
# $PATH で見つかる場所にphpbrewを移動させて!
sudo mv phpbrew /usr/local/bin/phpbrew

やっていることは、phpbrewのファイルをダウンロードして、そのファイルのモードを変えたりファイルの場所を変えているだけだ。

次に以下を実行。

phpbrew init

次に、vim ~/.bashrc等でbashrcファイルを呼び出し、以下の一行を追加する。

[[ -e ~/.phpbrew/bashrc ]] && source ~/.phpbrew/bashrc

これで基本的なphpbrewの設定は終わり。他にも色々な設定ができ、自分好みにカスタマイズできるが、詳しくは公式ページを見てほしい。

3、phpをインストールする

ここまで来てやっとphpをインストールできる。

まずは、どのphpがインストールできるかをチェックするためには、以下のコマンドを実行する。

phpbrew known

これで多くのバージョンが出てくるはず。さらに詳しくバージョンを知りたい場合は、phpbrew known --moreとすれば良い。

phpbrew install 5.4.0

上記のコマンドをすることで、php 5.4.0がインストールされる。

もし、上記のコマンドを実行したらconfigure error:cannot find openssl's librariesと言うエラー文が表示される場合は、以下の様にコマンドを実行すると上手くいくはず。

phpbrew install 5.4.0 +openssl=/usr -- --with-libdir=lib64

参考記事:Cannot find OpenSSL’s libraries · Issue #418 · phpbrew/phpbrew

参考記事:phpbrew install時OpenSSLが見つからない場合 – Qiita

他にも、mysqlと紐づけたり、phpの他バージョンもインストールして、バージョンを切り替えたりできる。

ReratedPosts

PHPのin_arrayの第3引数にはtrueを使う方が良いという話
PHPフレームワーク「CodeIgniter」のLoaderClassを読み解く
PHPでスクレイピングの高速化にはfile_get_contensよりもcurlの方が良いよって話
PHPでURLのqueryの配列を作りたい時にはexplode関数を使えば良い感じになる
Ubuntu18.04.1にphpbrew+php7.2+apache2+MySQL5.7の開発環境を整える方法
PHPのissetとis_null、emptyの違いや関係を調べてみる