phpで自作strlen関数を作ってみた

phpの内部処理の理解を一貫として、strlen関数を自作してみました。

実際に作ったown_strlen関数

<?php
$str = "programming";
function own_strlen($str) {
for($num = 0; isset($str[$num]); $num++) {};
return $num;
}
print own_strlen($str);
?>

上記のコードを理解するのに必要なのは、文字列はコンピュータの内部的には、配列チックな感じとして処理されている、と言う点だ。

例えば、上記では$str = "programming";と言うstring型の変数を作っているが、print $str[1]と書くとpと表示されるのが分かる。

なので、for文を使って文字列が未定義に

ReratedPosts

phpの開発環境用のローカルサーバーはビルトインウェブサーバーを使うと良い
PHPでURLのqueryの配列を作りたい時にはexplode関数を使えば良い感じになる
CentOS7にphpbrewとphpを入れてPHPの開発環境を構築する方法
PHPのissetとis_null、emptyの違いや関係を調べてみる
phpのsubstr関数の使い方や日本語の文字化けの対処法、文字数の指定方法などの解説
PHPのin_arrayの第3引数にはtrueを使う方が良いという話