phpの開発環境用のローカルサーバーはビルトインウェブサーバーを使うと良い

最近までphpで遊ぶときは、apacheの設定を色々いじっていたのですが、公式ページにも書いている通り、ビルドインウェブサーバーを使うと良さげです。

RubyでいうWEBLICK的なやつですね。

参考:ビルトインウェブサーバー

ビルドインウェブサーバーとは?

簡単に言うと、開発環境向けのウェブサーバー。従来のPHPだと、apacheの設定をいじったりXAMPPみたいな開発ツールを使う必要がありましたが、php 5.4以上からは以下のコマンド一発でサーバーが立つようになっています。

php -S localhost:8000

公式の説明ではlocalhost:8000となっていますが、別にlocalhost:3000のサーバーも立てる事ができます。

デフォルトでは、ドキュメントルートはindex.phpまたはindex.htmlですが、-tオプションをつける事で明示的にドキュメントルートを指定できます。

参考:php -S localhost:8000

おまけ

ただ、いちいちphp -S localhost:8000と書くのも面倒臭いので、MacやLinuxの場合はaliasを書いた方が良いです。

vim ~/.bashrc

そして、.bashrcに以下のを追加

alias ps='php -S localhost:8000'

あとはsource ~/.bashrcとやってファイルの変更を反映させればOKです。