微分のデルタΔxやdxの意味や関係性について

微分のデルタΔxとかdxとかの意味って何?と疑問に思ったので、これを機に勉強してみる。

Δxとはxとの差分、dxはxとの差分を極限まで0に近づけたもの

Δxとは、xとの差分を表したもの。「どれだけxと差があるのか」までは表しておらず、微分では(x+Δx)のような式を見かける。(x+Δx)と書くことで、xからΔxだけ動いた数字、という意味になる。

dxは、Δxを限りなく0に近づけた数字。なので、微分の基礎公式とも言える導関数の公式は、以下のように表すこともできる。

f:id:toumasuxp:20190706230903p:plain

参考記事

【微分】ちっちゃいΔは何の意味? | 大人が学び直す数学

【微分】微分の表記~ラグランジュ記法とライプニッツ記法 | 大人が学び直す数学

微分の性質・公式など

ReratedPosts

関連記事はありませんでした