C言語のstrstr関数の色々な使い方

C言語の文字列処理でよく使うstrstr関数の解説をしていく。

strstrの簡単なおさらい

第1引数の文字列の中から、第2引数の文字列が出てくる場所を探索する。もし、存在しなければNULLを返す。

単純に文字列を探索するよりも、「もし、探索したい文字列中に特定の文字がなければ、この処理をする」みたいな使い方をよくする。他言語で言うstrpos関数的な使い方もできる。

#include <stdio.h>
#include <string.h>
int main()
{
char *str = "../public/index.html";
char *search = "public";
char *sub = strstr(str, search);
printf("%s", sub);  // public/index.html と表示
return 0;
}

参考*C言語関数辞典 – strstr

ReratedPosts

C言語でTCPクライアント・サーバーを実装する
C言語のsizeofにおける配列、ポインタ、構造体などの動きのまとめ
C言語の安全な文字列コピーは、strcpyよりもstrncpy、そしてstrlcpyが良い
C言語のコンパイルにおけるアセンブラ→実行ファイルまでの流れをまとめてみた
C言語のvoidの使い方について
C言語の配列で範囲外にアクセスできてしまう理由と対策法