C言語のstrstr関数の色々な使い方

C言語の文字列処理でよく使うstrstr関数の解説をしていく。

strstrの簡単なおさらい

第1引数の文字列の中から、第2引数の文字列が出てくる場所を探索する。もし、存在しなければNULLを返す。

単純に文字列を探索するよりも、「もし、探索したい文字列中に特定の文字がなければ、この処理をする」みたいな使い方をよくする。他言語で言うstrpos関数的な使い方もできる。

#include <stdio.h>
#include <string.h>
int main()
{
char *str = "../public/index.html";
char *search = "public";
char *sub = strstr(str, search);
printf("%s", sub);  // public/index.html と表示
return 0;
}

参考*C言語関数辞典 – strstr

ReratedPosts

C言語のfopen関数で「警告: 2 番目の ‘fopen’ の引数へ渡すときに整数からキャスト無しにポインタを作成しています [デフォルトで有効]」と言うエラーが出たときの対処法
なぜ子プロセスを呼び出した時にsetsid()を使うのか?
Linuxのopen(低水準入出力)の使い方やfopenとの違いをまとめていく
C言語のコンパイルにおけるアセンブラ→実行ファイルまでの流れをまとめてみた
C言語の型キャストについてのまとめ
WindowsのMinGWでdxlib(DXライブラリ)を使う手順を紹介する