Javaでの文字列(String)の処理のまとめ

Javaで文字列を処理する時に、「この処理はどうするんだっけ」と調べることが多々あるので、これを機にまとめていく。

1,文字列の一部分だけ取り出す

文字列の一部分だけ取り題した場合は、substringメソッドを使えば良い。

    public String substring(int beginIndex)
    // 引数を2つ付けると、何番目から何番目と言う指定ができる
    public String substring(int beginIndex, int endIndex)


    public static void main(String[] args) {
        String str = "hello world";
        String result = str.substring(3);
        System.out.println(result); // lo world と表示
    }

参考:String (Java Platform SE 8 )

気を付けるポイントは、substring引数は0から始まるということ。例えば、上記のコードだとhが0番目で、eが1番目、、と言う風にカウントされている。

また、「何文字目から何文字目までを抜き出す」と言う場合には、substring関数の引数を2つ使えば良い。

    public static void main(String[] args) {
        String str = "hello world";
        String result = str.substring(3, 5);
        System.out.println(result); // lo と表示
    }

2,文字or文字列がどの場所にあるか探す

文字や文字列が何番目にあるかを調べたい場合は、indexOfメソッドを使う。

    public int indexOf(int ch)
    public int indexOf(int ch, int fromIndex)
    public int indexOf(String str)
    public int indexOf(String str, int fromIndex)

このメソッドは、引数にchar型やString型の両方使えるので便利。

    public static void main(String[] args) {
        String str = "hello world";
        int result = str.indexOf('e');
        System.out.println(result);  // 1と表示
    }

    public static void main(String[] args) {
        String str = "hello world";
        int result = str.indexOf("llo");
        System.out.println(result);  // 2と表示
    }

参考: String (Java Platform SE 8 )

3,文字を大文字や小文字に置き換える

文字を大文字or小文字に置き換えたい場合は、toUpperCasetoLowerCaseを使えば良い。

    public String toLowerCase()
    public String toUpperCase()

    public static void main(String[] args) {
        String str = "hello world";
        String result = str.toUpperCase();
        System.out.println(result);  // HELLO WORLD
    }

もし、先頭だけ大文字や小文字にしたい場合は、以下の様にsubstringを組み合わせて使うと良い。

    String str = "hello world";
    String result = str.toUpperCase(str.substring(0,1)) + str.substring(1);

ReratedPosts

関連記事はありませんでした